駒場ばら園から寄贈された加計塚小学校のバラ達の記録


by kakezuka-rose

アンネのバラ

f0224138_15151919.jpg

多くのバラ愛好家に愛され、明治44年創業の歴史のある駒場ばら園さんの縮小に伴って、
駒場ばら園さんのバラを地域の文化的財産として保存し、後世に伝えていきたいと
2005年に活動をしていた時期があります。
それから数年後、当時の活動に沢山の元気を頂いていたという感謝の言葉と共に、
アンネのバラの本と、綺麗に咲いているアンネのバラをプレゼントして頂いた事がありました。
それがこの本です。

そしてそのアンネのバラは、駒場ばら園さんが子供達の教育に役立てて欲しいと
加計塚小学校に寄贈して下さったバラでもあります。
f0224138_15155644.jpg

アンネのバラは、戦争と人種差別によって15歳でこの世を去ったアンネフランクを
偲んで作られた平和と自由への祈りが込められたバラです。
そしてアンネ・フランクの父オットー・フランク氏が大切に育て、世界の人々に
平和の大切さを伝える為に、アンネのバラを世界に広める活動をされておりました。
日本へは1972年に10本の苗木が最初に送られ、今では1万本以上のバラが
咲いていると言われています。
f0224138_15161179.jpg

本の中にはこう書かれています。

平和って何でしょうか?
戦争によって自分自身や愛する人たちが傷ついたり命を失ったりしなくてすむこと
戦車や砲声や爆弾の音に怯えなくてすむこと
夜、静かに、安らかに、眠れること
朝、不安なく目覚めることができること
食べ物が十分あって、学校や職場に安心して通えること
お喋りをしたり、恋をしたり、歌を歌ったりできること・・・

自由って何でしょうか?
好きな時に、好きな所に出かけることができること
やりたいことが自分の責任でやれること
自分が自分でいることで、迫害されたり、不利益をこうむることがないこと

平和であること、自由であることが、どんなに大切で喜ばしいことか知っておいて下さい

f0224138_15162539.jpg

アンネのバラは、加計塚小学校では同じように平和を願って名付けられたのぞみの横に
植えられています。
f0224138_15163836.jpg

今度学校にお伺いする時に、アンネのバラの本を子供達にお持ちしたいと思います。
毎年バラの花が咲いたら、アンネのバラのお話を子供達が思い出してくれる事を
心から願っております。
そしていつかアンネの日記という本も子供達に読んでもらえればと思います。
f0224138_15165240.jpg

[PR]
by kakezuka-rose | 2010-05-30 16:48